ltdblog

ギークハウス元住吉やってます

ギークハウス沖縄から自転車で首里城に行ってきた

2014年2月17日

沖縄観光といえば首里城ということで行ってきました。 首里城周辺が首里城公園として整備されています。入場料が必要なのは玉陵首里城の正殿周辺だけだけであとは無料で散策できます。たぶん。

f:id:ltdx:20140217145354j:plain

首里城公園全体。中央上部の赤い部分が首里城、右下が玉陵

首里城までのアクセス

モノレール(ゆいレール

ギークハウス沖縄からだと最寄り駅の壺川駅から首里駅まで片道290円、一日乗車券が700円。首里城玉陵の入場料が割引になるのでゆいレールで行くなら一日乗車券買ったほうがお得かも。他の駅でも特典があるようです。

沖縄都市モノレール「ゆいレール」 ご利用案内―乗車券の種類

ギークハウス沖縄から自転車では約5km

今回はギークハウス沖縄からマウンテンバイクで行きましたが、坂が多いのでママチャリだと厳しいかも。 基本的に首里城まではずっと上り坂なので帰りは楽でした。 最短距離を行こうとしてGoogleマップの徒歩ナビを使ったら途中に石畳と階段があって辛かった……。でも首里金城町石畳道という観光スポット?らしくいい感じでした。

石畳を登り切るとちょうど首里城の駐車場と駐輪場があり、ここに駐輪してまずは玉陵へ。

首里金城町石畳道 - Wikipedia

f:id:ltdx:20140217121813j:plain

首里金城町石畳道。自転車を押すしかなくてつらい

f:id:ltdx:20140217122148j:plain

石畳道の中間辺りに休憩所があって助かった

f:id:ltdx:20140217121557j:plain

イマココ

玉陵(たまうどぅん)

琉球王族の墓で世界遺産。入場料300円。受付の前にも駐輪場ありましたね。 受付の建物内の資料展示を見てから玉陵へ。 墓室は三室に分かれていて、中室で王の遺骸が骨になるまで数年まち、洗骨という儀式を経て東室に移すらしい。西室は王の家族が埋葬されたそうです。

玉陵 - Wikipedia

f:id:ltdx:20140217144525j:plain

ガジュマル繁るの道を抜けて玉陵

f:id:ltdx:20140217144425j:plain

玉陵の入り口

f:id:ltdx:20140217143414j:plain

壁が二重になっていて墓室の前が広い

f:id:ltdx:20140217143728j:plain

墓室の中は見られませんでした

首里城

玉陵から首里城へ向かうとまず有名な守礼門です。守礼門を始め首里城の建造物は戦後に修復したものなので世界遺産には含まれないようです。守礼門の先にある石門は世界遺産でした。あとは正殿内部に一部遺構がありその上に嵩上げして正殿を建ててあるとのこと。

守礼門からいくつも門をくぐりつつ登って行くと首里城正殿です。正殿前の奉神門から先は入場料800円が必要です。正殿周辺は建物内が資料展示になっていて中に入れました。撮影禁止でしたけど。資料とか興味がなければスルーして展望台を回ってもいいかもしれません。

f:id:ltdx:20140217141628j:plain

守礼門

f:id:ltdx:20140217145732j:plain

歓会門

f:id:ltdx:20140217145949j:plain

漏刻門(指が……)

f:id:ltdx:20140217150206j:plain

広福門

f:id:ltdx:20140217150904j:plain

奉神門(ここから先は有料です)

f:id:ltdx:20140217150959j:plain

首里城正殿

f:id:ltdx:20140217155009j:plain

帰りに展望台へ。眺望が気持ちいい

中城城跡を先に見てしまったらインパクトにはかけましたが、首里城周辺は普通に住宅街の中に遺跡がある感じが良かったですね。首里城の近くに住みたい。あと最終的には遺産群を全部回りたいですね。

琉球王国のグスク及び関連遺産群 - Wikipedia

ちなみに撮影はほぼNexus 5でした。

広告を非表示にする